安い料金で引越したいなら情報を集める|費用を抑える方法

女性

転居の準備

現場作業員

引っ越しをする時は手続きと並行して荷造りをします。漏れがないようリスト化しておきます。まずは要るものと要らないものを選別します。不用品はリサイクルショップを利用したり、粗大ごみとして処分します。引っ越し業者に荷造りを依頼することも出来ますが、作業料金が加算されます。ライフスタイルに合わせます。

View Detail

リーズナブルな転居の条件

ダンボール

業者との交渉は柔軟に

引越しは3月から4月、そして9月から10月頃に繁忙期を迎えます。それ以外のシーズンは比較的安い費用で済みますが、時期が重なると価格交渉が難しいと言われます。しかし、業者との交渉が柔軟にできれば、繁忙期の引越しでも費用を安くすることができます。手続き上、日にちの指定はしますが時間指定をしない場合、短距離移動の費用が安くなるケースがあります。繁忙期でも短距離の引越しが重なる場合もあるので、業者としては無駄なくスケジュールを使いたいという事情があります。そのため、待ち時間があるものの時間指定をしなければ値引き交渉がスムーズです。また、自分自身でできる作業を片づけておけばオプション費用を削減できます。

荷物の軽減でコスト減

引越し業者の基本料金が安いとしても、もう少しコストダウンをしたいなら荷物を減らすのも工夫の1つです。安価な費用を提示する引越し業者の中には、不用品リサイクルのサービスも提供しているので、引っ越し費用を徹底的に安くして、リサイクルの分も得をするでしょう。転居先のサイズに合わないカーペットや家具類など大型のものが処分できれば、荷物の軽減に繋がります。積み込む荷物が少なければトラックのサイズダウンもできるので、基本料金の交渉がしやすくなります。このように安い費用が提示できる引越し業者には、便利なノウハウがあるので単身者からもファミリーでの引越しでも人気があります。安いことを最優先条件にする方にも適しているでしょう。

独身者の住み替え

作業者

単身で住み替えをする時には引越し業者の単身パックがお勧めです。単身パックは荷物が少ない方向けのボックス単位のサービスです。ボックスには数種類のサイズがあるので、荷物の量によってサイズを選びます。料金が手頃な上に様々な割引があるので単身での引越しにはお勧めです。

View Detail

転居に際しての業者利用

作業員

引越し業者を比較する際には、まずは運ばないといけない荷物を全て伝えたうえで見積もりを行い、その後荷物量を調整していくように注意しましょう。繁忙期には各業者が独自のキャンペーンを行うため、それぞれを比較して自分に合ったものを選びましょう。

View Detail